吉祥吉

中西牧場との出会い

偶然? 必然? 運命の出会いきっかけは「帝神畜産」

きっかけは「帝神畜産」
吉祥吉にとって、中西牧場と吉祥吉との出会いは、いわば偶然のものでした。お客様からのご要望を受けて神戸牛のご提供をはじめてはみましたが、同じ神戸牛といってもその肉質は千差万別で、なかなか納得できる品に出会えないまま、暗中模索の状態でした。ところがある日、まるでそんな心の声が伝わったかのように「帝神畜産」の営業マンが現れます。「帝神畜産」といえば、“天下”の中西牧場から輩出された神戸牛のほぼすべてを落札する仲買業者。聞くと、店頭に神戸牛の看板が上がっているのを見て、気になり立ち寄ったとのこと。「中西牧場」「帝神畜産」とくれば、その品質、味を疑う余地はありません。もちろん、会長の赤木はすぐさま取り引きしたいと申し出ました。
偶然か、それとも必然か。吉祥吉はこれをきっかけに「最高級の神戸牛を良心的に楽しめる店」として、その評判を高め、さらなる成長を遂げていくことになります。

神戸牛を介してはぐくまれた絆吉祥吉の最大の財産!

神戸牛を介してはぐくまれた絆
吉祥吉を知った中西さんが直接店に足を運んでくれたのは、取引がはじまって間もなくのこと。神戸牛生産の圧倒的な実力者としてその名をとどろかせる中西さんが、自ら予約を取り吉祥吉にゲストとして来てくださったことは、私たちにとってとても誇らしく、うれしい出来事でした。けれど、長年にわたって確固たる信頼と地位を築いてきた中西さんですから、いくら相手が取引先といっても、決して妥協を許すことはありません。それは同時に、とてつもなく大きなプレッシャーを伴う出来事でもありました。
しかし、当店で食事を楽しんでくださった中西さんは、「小さい店でも、きちんとした、いい仕事をしている」と、ご満足してお帰りに。その後、吉祥吉の中心メンバーを牧場へ招いてくださるようにもなり、神戸牛を介した両者の絆は日一日と次第に深まっていきました。
厳格な審査を経て、競り、加工、販売までの一元管理のもと品質を担保しながら流通する神戸牛の世界において、「売り手」「買い手」の連携は、その肉が安全に美味しく消費者の元に届く最後の最後まで、しっかりとつながっています。中西牧場と良好な関係を築けてきたことは、お客様に最高のお料理をご提供し続けたいと願う吉祥吉にとって、何よりも大きな財産なのです。

コラム

Top of page