吉祥吉

神戸牛とは

”生きている”神戸牛はいない

神戸牛は出荷の際に但馬牛の中から厳選された牛肉のことです。

神戸牛(”神戸肉”、”神戸ビーフ”とも言う)は出荷の際に神戸肉流通推進協議会がその生育環境、血統、肉質などにおいて厳しい基準を満たした但馬牛に与える名誉ある称号です。

神戸牛の元となる但馬牛とは

但馬牛(たじまうし)は、純血の血統を守り続けている兵庫県産の牛です。

江戸時代から現在に至るまで純血の血統を守り続けている兵庫県産の牛を神戸肉流通推進協議会の指定登録生産者が兵庫県内で肥育し、兵庫県内の食肉センターに出荷した生後28ヵ月令以上から60ヶ月令以下の歩留等級が「A」または「B」等級である牛肉の呼称です。

但馬牛はその優秀な血統や厳格に管理された飼育環境から筋繊維が細かく、"サシ"が入りやすいため、柔らかく最高のまろやかさ、食感を生み出します。神戸牛の他にも松阪牛やその他、高級牛の素牛としても但馬牛は生育されます。

神戸牛=世界一厳格な基準をクリアした但馬牛

日本三大和牛の中でも、一番厳しい審査基準をクリアした但馬牛が、神戸牛です。

上記の通りそもそも厳しい基準がある但馬牛をさらに基準を増やし厳格な審査に合格した牛だけが”神戸牛(神戸肉・神戸ビーフ)”を名乗ることができるのです。

日本三大和牛と呼ばれる神戸牛、松阪牛、近江牛の中でも一番厳しい審査基準を設けており2009年アメリカのメディアにも海外メディアにも世界で最も高価な9種類の食べ物として神戸牛が取り上げられています。

世界一厳しい神戸牛の基準

神戸牛の基準

海外で認められる神戸牛

欧州では、「神戸牛=美味しい牛肉」で知られています。

これだけ厳しい基準をクリアした牛肉なので勿論海外でも知名度が高く、特に欧米を中心に牛肉の最高峰として「KOBE BEEF」の名はブランドとなっています

欧州では、「神戸牛=美味しい牛肉」となってしまい、勝手に「KOBE」を謳った牛肉まで流通してしまっていて、「KOBE」は地名としてではなく牛肉の品種だと誤解している人がいるほどです。

日本で認められる神戸牛

「神戸ビーフ」が国家認証「GI(地理的表示保護)」制度に登録されました

2015年12月、「神戸牛」は「但馬牛」とともに肉牛の中では唯一、品質などの特性が産地と結びつき、その結びつきを特定できる名称を知的財産として保護され、生産者の利益の増進と需要者の信頼を得る事が目的の国家認証を受けました。

この、国が主導する登録を機とし、神戸牛の名声が更に広がっていくことでしょう。

世界一の牛肉 神戸牛

神戸牛は、品質において他の高級牛と比べ群を抜いています。

神戸牛は確かな伝統、歴史があり世界一厳しい審査にクリアしているということもあり、名牛と称される牛肉の中でも品質において群を抜いております。どうぞ一度ご賞味ください。その全てに驚くことになると思います。
→地図から神戸牛レストランを探す

コラム

Top of page